トップページ

2012年9月

2012年9月16日 (日)

レボリューションバイナリーではやらない取引だけど・・・

レボリューションバイナリーは基本的に上下を予想するバイナリーで使うツールです。
ですが,バイナリーオプションにはそれ以外に様々な取引があります。
証券会社によりますが、「タッチ」
という言葉が使われます。これは
「設定したレートに届いたかどうかの判定」
で使われます。

また,こちらはレボリューションバイナリーでも関係する用語です。

「ペイアウト倍率」、これもFXでは
出てこない用語ですね。
「ペイアウト倍率」とはどれだけ利益を
還元してくれるかの率なのですが、
一定の率の中で変化します。その時の
相場状況で「確率的に高い」と思われる場合、
「低い」と思われる場合でそれぞれ変化します。

証券会社によってはペイアウト倍率は
固定されているところもあります。

これも証券会社によりますが「権利放棄」
というルールを使える場合があります。
損失になると判断した場合にこれを
行使すればその時点でも損失を確定して
返金してくれるものです。

以上がBOでの用語です。
左程多くもありませんので意味も含めて
これからレボリューションバイナリーに挑む
予定の方は必要なものを押さえておきましょう。

2012年9月15日 (土)

レボリューションバイナリーで使う用語

レボリューションバイナリーはバイナリーオプションです。
「バイナリーオプション」(以下BO)は
FXに比べればかなりシンプルな
トレードです。使われる固有の用語も
左程は多くありませんが、FXでは
使わないものがいくつかありますので
まずは慣れましょう。BOではレートが
上がる事を想定した場合、「コール」と
言います。保有したポジションを
「コールポジション」と呼びます。
レボリューションバイナリーが上昇を予想してポジションを取ったときは
コールポジションになりますよね。
逆に「下がる」事を予測した場合は
「フット」と呼びます。
保有したポジションは「フットポジション」
となります。
「コール」=「HIGH」、「プット」=「LOW」
と呼ぶ証券会社もあります。
このレボリューションバイナリーを使用する証券会社でも
実際に使う言葉なので簡単ですので押さえておきましょう。

レボリューションバイナリーの評判

レボリューションバイナリーは最近突如インフォトップのランキングで上位に来ましたよね。
特に自動売買ソフトということで注目を浴びています。
FXではすでに星の数ほどある自動売買ですが,バイナリーの世界ではまだまだ少ないです。
特にこのレボリューションバイナリー以外だと自動売買は数個程度しか私は知りません。
じゃあ成績はどうなのかというとホントどうしようもないものもあればしっかり結果がでているものもあるみたいです。ですので,このレボリューションバイナリーも期待がかかります。
また,もちろんバイナリー以外のFXなどの動向も気になっているでしょう。
特に最近でたFXハイブリッドもそうですし,裁量トレードだと
スイングトレードのFX彪ストロングトレードも気になるところです。
こちらの教材は特典で自動売買もつけてるサイトもでていますしね。
レボリューションバイナリーがその中で選ぶべき教材なのか。
こういった他の教材との比較もしていきたいです。

トップページ